お酒と上手に付き合って健康になるサイト
正しく飲んでお酒で健康になる

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
お酒の適量、人によって違うって知ってる?

このページではお酒の適量について解説していきます。 お酒の適量と言うと、「酔わないぐらいがちょうど良い」という曖昧な解釈をしている人もいますね。 しかし人によって適量も異なりますから、自分に合った適量を見つけることが大切です。 具体的にどれぐらいの量が良いのか見ていきましょう!知っておくことで体調管理にも役立ちますよ。

▼お酒の適量ってどのくらいを指す?

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動、健康日本21の調査によると、 節度ある飲酒は1日の摂取量としてアルコール20g程度が妥当と言われています。 アルコールの種類によってアルコール濃度も変わってきますから、適正とされる量も変わってきます。 いくつか目安としてご紹介しましょう!

・ビール(アルコール5度の場合):500ml
・日本酒(アルコール15度の場合):180ml
・焼酎(アルコール25度の場合):110ml
・ウイスキー(アルコール43度の場合):60ml
・ワイン(アルコール14度の場合):180ml
・チューハイ(アルコール5度の場合):520ml

お酒が大好きな人にとってみれば少ないと感じるでしょうし、 そんなにお酒を飲む方ではないという人なら、「結構飲めるな」と感じるかも。 このぐらいの量なら酔いの進行もそこまで進んでおらず、ちょっと気持ちが高揚する程度で済みます。 酔いの状態で言うと初期段階の「爽快期」。 ちょっと陽気になるなどの変化で済むので体調の異変をもたらすほどではないでしょう。

▼血中アルコール濃度が0.1%までなら適量

上記紹介したようにお酒には種類ごとに適量があって、それ以内ならば血中アルコール濃度も低い数値が保たれます。 血中アルコール濃度は簡単に言えば、「体内に入って分解されずに血液の中に残ってしまったアルコール」のこと。 アルコールを体内に取り入れると肝臓で分解され、胃や小腸で吸収されます。 その際、アルコール処理が完全にできなかったものが血液中に残ります。 当然アルコールをたくさん摂れば摂るほど処理が間に合わずに、血中アルコール濃度が上昇することに。

血中アルコール濃度が0.1%と聞くと、「あっという間にいっちゃいそう」というイメージがありますね。 ただ実際は適量として示されるものであれば、その数値にたどり着くことはないんですよ。 例えば体重が60キロの男性でビール800mlを飲んだとしても、血中アルコール濃度が0.1にいかない人もいますからね。

ビールを500ml飲んで自分の血中アルコール濃度がどれぐらいなのかを調べるには、 わざわざ病院に行かなくても自分の息を吹きかけるだけで簡単に表示してくれるものもあるんです。 そういったもので、まずは自分のアルコール処理能力を確かめてみるのも良いかもしれませんね。

▼あくまでも「適量」というのは目安

「ビール500mlが適量」と言うと、どんな人でもそれだけ飲んで良いと解釈されがちです。ただこれはあくまでも目安。 アルコールにすぐ体が反応してしまう人、アレルギー反応がある人、女性、高齢者などは適量とされているものよりも、さらに少ない量の方が安全性もあってそれが適量と言えます。

特に高齢になってくると、肝臓の代謝能力が弱くなり、アルコールを分解する能力も若い時に比べて劣ってきますからね。 逆にプロレスラーやお相撲さんのように体重がある人は、アルコール分解能力が高いのでお酒をたくさん飲める人が多いんです。

つまり非常に個人差のあることなので、自分に過信しないでアルコールの適量を見極めていくことが大切です。



Copyright ©2016 お酒と上手に付き合って健康になるサイト All Rights Reserved.