お酒と上手に付き合って健康になるサイト
正しく飲んでお酒で健康になる

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
お酒と相性の良い食べ物・悪い食べ物

このページでは、お酒と相性の良い食べ物・悪い食べ物を紹介していきます。 紹介する時に「なぜお酒と相性が良いのか」、作用についても詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね! これを見れば、おつまみの選択肢が広がるかも!?

▼胃腸の粘膜を保護してくれるものを摂ろう!

まず意識したいのが、お酒の悪影響が出ないためには、どうすればよいのかということ。 お酒を飲んだ時に胃が空っぽだとお腹が痛くなったり、酔いやすいという、デメリットがあるんです。 お酒を飲むと、胃や小腸に流れ、吸収されていきます。 そして肝臓を経由する時に分解が行われ、ほとんどのものが尿として排出されます。

胃に食べ物がある程度入っていたほうが、スポンジのような役割をして、肝臓へ流れるアルコール量が低減されます。 もともと肝臓のアルコール処理能力はそんなに高いわけではないので、 必要以上にお酒を飲んでしまうと、すぐに血液に流れ込んでしまうんです。 その結果、神経伝達物質に行き届いて、酔いが回ってしまう状況に・・・。 それを防ぐためには、まずは食事を摂って胃液を分泌させ、アルコールが入っても吸収できるような準備をしておくことが必要です。

お酒を受け入れる準備態勢としておすすめなのが、食物繊維を多く含んだ野菜や胃膜保護に役立つ乳製品。 これらを摂取することで胃に粘膜ができて、アルコールの血液への流出を最小限にとどめることができます。

▼お酒と相性の良い食べ物とは

胃腸

まず摂るべきものは野菜や乳製品。 胃液の分泌、胃膜の保護だけでなくて糖が吸収されるスピードが緩やかになるため、 肥満防止の意味でもこの2つはぜひ摂っておきたいですね。

アスパラベーコン、野菜スティック、枝豆、大根サラダ、カマンベールチーズ、ほうれん草のおひたしなど。 居酒屋に置いてあるようなメニューも多いので、体調管理しながらお酒を飲むことができます。

またお酒はほとんどが酸性の割合が強いので、アルカリ性の割合が多い食材と、一緒に摂ると中和されて健康的な状態を保つことができます。 アルカリ性の割合が強いのはナス、かぼちゃ、きのこ、海藻、フルーツ類などです。

肉や米などタンパク質中心のおかずばかりになっていたら、アルカリ性の割合が多い食材も選択するようにしたいですね。

▼お酒と相性の悪い食べ物とは

逆にお酒と相性の悪いものは脂質や糖質が多いもの。 アルコールの分解速度に間に合わず、体内に蓄積されて脂肪になりやすいからです。 具体的にはソーセージ、サラミなどの加工食品、天ぷらやフライなどの揚げ物類。脂質や糖質が多い食べ物です。

またお菓子も糖質が多いのでお酒との食べ合わせはNG。 お酒と同時に取ると体の消化が間に合わず、血液や脂肪となって残り、動脈硬化や肥満を招いてしまうことがあります。

お酒を飲むと太ってしまうのではなく、お酒を飲むと脂肪となる食べ物が体に蓄積されてしまうと解釈した方が良いでしょう。



Copyright ©2016 お酒と上手に付き合って健康になるサイト All Rights Reserved.